芸術家派遣プロジェクト

 

 

芸術家派遣プロジェクトとは> プログラム例> あゆみ> 実施予定
 

音楽

プログラム名 趣 旨 対象
メルヘン音楽隊の愉快なコンサート はじめて出会う様々な楽器(弦・金管・木管など)の音色に親しむプログラム。♪どうして鳴るの?がっきのしくみ、♪一緒にうたいましょう、♪一緒に鳴らしましょう♪音楽つき絵本読み聞かせ、など

幼稚園

保育園

みんなで一緒に音楽会! 楽器づくりまで盛り込んだ音楽会。0-3歳児を中心に、音楽を通した色々な楽しみ方、親子の触れ合いを目的とします。また、普段なかなかゆっくりと音楽を聴けないお母さんのリフレッシュする時間にもなって欲しいと願っています。

幼稚園

保育園

アフリカの太鼓と命 木と動物の命を頂き1つの太鼓ができる、という絵と物語を通じ、太鼓と命について考えます。また、アフリカの太鼓のリズムを身体で感じ全身を使って色々な表現遊びを行い楽しみます。

幼稚園

保育園

絵本からとびだしました。 子ども時代に出会うたくさんの絵本。それが音楽になっていたら…。国語の教科書がすてきな音楽に大変身。「はらぺこあおむし」、「スイミー」、「泣いた赤おに」、「ずーっとずっと大好きだよ」など。

幼稚園

保育園

小学校

このこと、あのこと、どんなこと
〜和楽器にふれてみよう〜
和楽器ワークショップ。わらべ唄を和楽器の音で聞きながら体をうごかし、実際に音をだしてみます。また、歌舞伎や落語の名文句を口ずさみ、日本の発声法に親しんだり、音から風景を想像して絵をかいたりと、表現する楽しさを広げてゆきます。

幼稚園

保育園

小学校

音楽物語「スノーマン」

・音楽の贈りもの

「音楽の贈りもの」では、ソロ演奏でそれぞれの楽器の個性を楽しんでもらいます。音楽物語「スノーマン」では、音楽で物語を表現する様を楽しんでもらいたいと思います。 小学校

カルテット!弦楽四重奏と

 いっしょに世界旅行

協力して音楽を作り上げる、弦楽四重奏。クラシック音楽や耳なじみのある音楽を通じ、その演奏に間近に触れてもらうプログラム。弦楽器について、その音色や形の美しさを知ってもらうとともに、「協力して作り上げる」ことを音楽を通して伝えます。 小学校
朗読と音楽『にじいろのさかな』 楽器の音色やアンサンブルの響きの美しさを感じて、音楽への興味関心を育みます。また、絵本『にじいろのさかな』を、場面に合った楽器の生演奏を聴きながら目と耳と心で物語を観賞し、思いやりの心を育てることを目的とします。 小学校
楽しい音楽会 TVCMで流れる曲など様々なジャンルから本格的な名曲まで、初めてでも聞きやすい選曲で、親しみやすいプログラムです。しっかり鑑賞する場面と参加する場面を作って、音楽は楽しいと感じてもらいたいと思います。 小学校
サクソフォーンアンサンブルの魅力 4本のサクソフォーンの、音の高低や音色の違い、大きさ重さの違いを知ってもらいます。また、様々なジャンルの曲を演奏することで音色の違いやリズムなど楽しんでもらいます。楽器体験もあります。 小学校
バイオリンまつり!

バイオリンの仕組みや奏法を楽しく学んでもらい、その魅力を伝えます。バイオリンにたっぷり触れる時間を過ごしてもらい、バイオリンをより身近に感じてもらいたいと思います。楽器解体ショーや弓の大実験、体験などあります。

小学校
朗読と音楽『大造じいさんとガン』 楽器の音色やアンサンブルの響きの美しさを味わい、音楽に親しみや喜びを感じてもらいたいと思います。また、椋鳩十氏の『大造じいさんとガン』のお話を、音楽を聴きながら想像する楽しさも知ってほしいと思います。 小学校
歌声探偵団がやって来た! 声質の違う演奏家の歌を鑑賞し、自分の声がどんな声なのか考え、自分らしさを見つめるプログラムです。校歌合唱やそれぞれの声を生かした演奏の鑑賞やワークショップ「声のキャッチボール」を通じて、自分らしく歌う楽しさを味わってもらいます。 小学校
音楽とおしゃべりで楽しいひと時
〜鹿児島の歌などを楽しくアレンジ〜
ブラームスのエレキ演奏!チャイコフスキーのピアノブギウギ!アメリカ南部のブルースも体験!ハンヤ節・おはら節・徳之島の子守唄などもドゥーワップ・アレンジで楽しく歌います!ラストはみんなで「茶わんむしの歌」で体操をしよう! 小学校

楽しい箏(こと)なかま

(邦楽の魅力)

日本の伝統楽器(箏・三絃・尺八)に直接触れ体験し、親しみと興味を持ってもらいたいと思います。教材で学ぶ「さくら」「春の海」などを生の音で聞き、邦楽器の持つ魅力を感じ、さらには演奏者と児童が一緒になって1つの曲を作りあげます。 小学校
ギター 〜それは身近な弦楽器 音楽の授業で唯一学ぶ西洋の弦楽器「ギター」について、理解を深めてもらいます。独奏や重奏の他、19世紀ギターと現代のギターの聴き比べまで味わえます。また、他楽器との共演を通して、伴奏楽器としてのギターも鑑賞してもらいます。

小学校

中学校

ユニークなヒストリーを持つ

 木の笛「コカリナ」

様々な種類の木で作られている木の笛コカリナ。長い年月を生きる樹木の持つヒストリーを曲を交えて紹介しながら、小さな編成でのやさしい音楽を演奏します。いろいろな想像をしながら観賞を楽しんでもらいます。

小学校

中学校

木管五重奏の響き フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルンの五つの楽器の音の出る仕組みや特徴を知ってもらい、それぞれの音色を活かした豊かな表現や、華やかで温かみのある木管五重奏の響きを楽しんでもらいたいと思います。

小学校

中学校

和と洋の音紡ぎ 鹿児島の伝統文化である島唄と西洋楽器のコラボによる音楽を通じて、「人ととのつながり」の大切さを伝えたいと思います。また、楽器の特性を知ってもらい、鹿児島の離島に関するクイズなどで素晴らしい郷土の文化を身近に感じてもらいます。

小学校

中学校

声っておもしろいね! 幅広いジャンルの曲を、混声合唱を中心に独唱や重唱など様々な編成でお届けします。声の奥深さや面白さを体感するとともに、合唱に親しむきっかけとなることを目指します。歌を聴く喜び、ともに歌う喜びを実感できるプログラムです。

小学校

中学校

バンドって楽しい! ドラム・ベース・エレキギター・ピアノによる4ピースバンドで、クラシック曲や教科書掲載の楽曲を中心にアレンジ演奏します。また、児童にピアニカやリコーダーを一緒に演奏してもらい、音楽の一体感を味わってもらいます。

小学校

中学校

このこと、あのこと、どんなこと 日本の伝統楽器、箏、三味線、尺八。時代と共に楽器も楽曲も奏法もどんどん進化しています。その多彩な可能性を古典から現代曲・ポピュラーなどを通じて伝えます。また画像を使った解説や “楽器に触れてみる”体験コーナーもあります。

小学校

中学校

日本音楽玉手箱

 〜伝えられた音・伝えたい音〜

どんな風に音を出すの?どんな曲が伝えられているの?普段聴くことの少ない邦楽器の音色を楽しんでもらいたいと思います。また、みんなの知っている曲もお箏で演奏します。遠いようで意外と近い、日本の楽器に親しんでください。

小学校

中学校

はじめてのバレエ 
 アン・ドゥ・トロワ♪
バレエの歴史やすばらしさ、ダンサーの体づくりなどを解説・実演します。体で表現することを体験し、ダンサーがどのように身体を使っているかを知ってもらいます。また、小品を鑑賞することでバレエの躍動と美しさを間近で感じてほしいと思います。

小学校

中学校

ピアノ・パーティーにようこそ! 様々なスタイルによる生のピアノ演奏を聴いてもらい、多彩な音楽を体感して豊かな感受性を培ってほしいと思います。このプログラムが、クラシック音楽や演奏会への興味・関心をよぶきっかけとなることを願います。

小学校

中学校

サイエンスと音楽のハーモニー 昔のヨーロッパでは天文学、幾何学、数論、音楽の4つが重要な学問でした。このプログラムでは、サイエンスと音楽の共通点に迫ります。解説と鑑賞を通じてその類似性について理解を深め、理科・数学・音楽へ興味を持ってもらうことがねらいです。 中学校
再発見!音楽のストーリー どこかで聴いた事がある曲も、題名や表現している内容は意外と知らないものです。作品に込められたハーモニーや歌詞の意味などの解説を加えながら演奏し、音楽の楽しさや芸術の素晴らしさを感じてもらうプログラムです。 中学校
仕事の流儀〜ギタリスト編〜 将来の夢や不安で胸がいっぱいの中学生。そんな彼らに、心躍るギター、バンド演奏で楽しんでもらいながらギタリストの仕事を紹介します。音楽と仕事の素晴らしさ・大変さを伝え、中学生が強く前向きに進んでいくことを後押しできれば嬉しいです。 中学校
 

演劇・ミュージカル・身体表現・舞踊

プログラム名 趣 旨 対象

はじめてのミュージカル

ミュージカルの楽しさを知り、豊かな感情を育むプログラムです。1部「ミュージカルをみよう!」では、有名な童話を鑑賞し、2部の「ミュージカルをやろう!」では、歌と身体を使った表現遊びでミュージカルを体験してもらいます。

幼稚園

保育園

ミュージカル「Open the door」
 〜心をひらいて〜
ミュージカル鑑賞と、ワークショップでの芝居・歌・ダンスの体験を通じて、コミュニケーションの大切さや、表現することの楽しさを感じてもらいます。また、ミュージカルが裏のスタッフの力で支えられていることも知ってもらいたいと思います。 小学校
からだでコミュニケーション
 からだっておもしろい
様々なコミュニケーションゲームを使って、からだを使って伝えたり、表現したりすることの楽しさを体感し、みんなで考え、お互いを思いやる心を養うことを目的とします。 小学校
演劇「鹿児島異人館物語」 日本近代化の原点、世界文化遺産の構成資産の1つに登録された英国人技師宿舎(異人館)での友情物語。史実に演劇的創作を加え、異文化交流の難しさと大切さ、友好を描く。他者を認め交流することの意味を考える作品となっている。

小学校

中学校

芝居で遊ぼう 体験型ワークショップ。身体でほぐした後、グループに分かれ声にまつわるゲーム、身体で表現するゲーム、聴覚にまつわるゲームを行う。最後は簡単な寸劇を役者・音響・照明に分かれて指導・演出をし、発表しあう。芝居を楽しみながら体験する。

小学校

中学校

歌舞伎こ・と・は・じ・め 日本の伝統芸能である歌舞伎の「勧進帳」をとりあげ、そのあらすじや歌舞伎の成り立ちについて学びます。また、長唄の曲を鑑賞し三味線の音色を感じてもらいます。さらに歌舞伎の特徴的な所作も体験してもらいます。 中学校

心とからだを開く

 身体表現ワークショップ

コミュニケーションが多様化・複雑化している現代。「コトバ」を極力使わないで伝え合うワークショップによって、思春期の生徒たちの心身をほぐし、自然で自由なからだと声を見つける力を導き出したいと思います。 中学校

源義経と静御前の行方

〜日本の話と洋楽器の融合〜

日本舞踊と所作や演技にチェロを混じえた「源義経と静御前の行方」を鑑賞します。後半は、日本の伝統をより親しめるよう、扇子を使った表現と、チェロの幅広い音との融合を味わいます。2016年フランスの各地で好評を頂いたプログラムです。 中学校
 

美術

 
プログラム名 趣 旨 対象
スクリューで走る船
 (動く手作りおもちゃ)
まず木を組んで船のブリッジ、キャビン、煙突、マストを作る、そして動力のスクリューをつける、ゴムを巻く、そして走らせる、皆はじめての経験です。工作機会の少ない子どもたちに、つくる喜びを感じて欲しいと思います。 小学校
春(秋)の全校スケッチ大会(風景画)
屋外でのスケッチに取り組む中で、アーティストたちがその場に行って子どもたちの疑問に答え、的確な指導ができるようお手伝いできればと願っています。

小学校

中学校

 

詳しい内容については、かごしまアートネットワークへお問い合せください。

 
芸術家派遣プロジェクトとは> プログラム例> あゆみ> 実施予定

 

 


トップへ

Copyright (C) Kagoshima arts network. All Rights Reserved.