芸術家派遣プロジェクト これまでのプログラム例(2007年度〜2009年度)
音楽

 プログラム名 趣 旨  対象
管楽器の魅力 教科書に出てくる管楽器の生の音や楽器の構造を知ってもらうとともに、それぞれの楽器の特色を生かしたアンサンブルの音色を感じてもらう。 小学校
中学校
ともだちモーツァルト モーツァルトの、どこかで聴いた事のある曲や子供たちには初めてかもしれないオペラを、各曲に関連した映像も見ながら、音楽を聴き、楽しみ親しんでもらう。 小学校
音とあそぼう!
小さな演奏会
音楽鑑賞に「動き」を導入したプログラムで、音楽を通じて表現豊かな感情を育て、又、人と人のコミュニケーションを楽しむことを目的とする。 小学校
音楽世界史発見! 音楽の歴史を、時代を追って学び、どのような作曲者・曲の雰囲気や時代背景があったのかを、演奏とレクチャーを通して探っていく。 小学校
中学校
音楽でめぐる世界の旅 楽器や声楽の演奏を通して、いろいろな国や作曲家の曲に親しみ、参加することにより、音楽で世界を旅してもらう。 小学校
中学校
美しい日本の歌と
世界の名曲
日本の昔から歌い継がれてきた歌と世界の名曲を聴きながら、楽器や音楽への興味を持ってもらう。また日本の歌から美しい自然や季節の移ろいを感じ、優しく豊かな心を育む。 小学校
中学校
箏・三絃・尺八による
ワクワクコンサート
和楽器(箏・三絃・尺八)の音を、身近で親しみの持てる音として聴いてほしい。楽器に触れる体験を通して楽器を身近に感じてほしい。 小学校
楽器の響き、
声の響き
ピアノやハープ、フルートなどの楽器の音やソプラノの歌を聞き、それぞれの響きとアンサンブルを楽しんでもらう。 小学校
フルート・ハープの
音を楽しもう
生の音楽に触れることにより、明るく楽しい気持ちになってもらい、また、楽器に直接触れることで、興味・関心を持ってもらいたい。 小学校
和楽器に親しもう 和楽器(琴)の生の音を古典曲やフルートとの耳慣れた曲の合奏で楽しむとともに、実際に体験することで和楽器への興味を高める。 小学校
ゴスペルを楽しもう 中学生にゴスペルの持つ躍動するリズムと魂(ソウル)を全身で感じてほしい。そして、ゴスペル音楽を体験することで歌う楽しさを感じてほしい。 中学校
木管五重奏の響き 木管五重奏(フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット)の音の出るしくみが異なる五つの楽器の特徴を知ってもらい、それぞれの音色を生かした豊かな表現、また、華やかで温かみのある響きを楽しんでもらいたい。 小学校
中学校
音楽お料理教室
〜音楽のいろいろな味付け
音楽の要素(リズム、メロディー、ハーモニー)について知り、いろいろな雰囲気を持ったリズムパターンに触れる。そのリズムを手足を使って打ち出してみる。アレンジしたふだんと違う校歌で「ノリ」を知る。校歌にほこりを持ってもらう。 中学校
日本音楽の贈り物 箏、十七絃、フルート、朗読を通して心に響く日本音楽の魅力を伝えたい。 小学校
ボンジュール!
クラシック
「感情表現」、「作曲体験」、「演奏会へ行ってみよう」の3つの柱で音楽の生のすばらしさを感じてもらう。音楽のパワーを一緒に体感して、夢と希望を持ってもらいたい。 小学校
日本文化の
いろはコンサート
日本の歌や曲を聴くことにより、普段の生活の中で忘れている自然や日本の文化に目を向け、耳を傾けてもらいたい。また、あまり聴く機会の少ない和楽器を知るきっかけとしたい。 小学校
音はコトバだ!
〜マリンバ&
パーカッションの響き〜
マリンバやパーカッションは、叩けば誰でも音を出すことができる親しみやすい楽器です。そこに、より専門的な奏法と解説を加え、マリンバとパーカッションの面白さを楽しく伝えたい。 中学校
声っておもしろいね 人間の声の特性に興味を持って欲しいのと同時に歌うことの楽しみやおもしろさを知って欲しい。 小学校
このコト、あのコト、
どんなコト!?
箏の持つ多彩な可能性を古典から現代曲・ポピュラーなどを通じて伝える。また体験コーナーで直接楽器に触れることで、箏という日本の伝統楽器に親しみを持ってもらう。 小学校
フルート、マリンバ、
ピアノでアンサンブル!
フルート、マリンバ、ピアノのアンサンブルを楽しんでもらう中で、フルートとマリンバの楽器の特徴を知ってもらい、音色の違いを感じてもらう。 小学校
音楽の、歴史のページを
ひらきましょう!
バロック・古典派・ロマン派の作曲家に焦点をあてて、名曲や、次の世代にも歌い継ぎたい日本の美しい歌を鑑賞し、音楽の歴史を知ることで、クラシック音楽への興味、関心を高めたい。 中学校
みんなで楽しむ
クラシック♪
音を感じ取る、気付き深める、味わう、を柱に音楽を聞く喜びを知り、もっと聴きたいという意欲を生み美的価値観を育てる。 小学校
ピアノは楽器の王様 普段見慣れているピアノを、違った角度からとらえることにより、新しい発見をする。また、トイピアノやキーボードとのアンサンブルによりオーケストラの曲や他楽器の名曲をより身近に感じてもらう。 小学校
まほうのふえ モーツァルトのオペラ「魔笛」を映像も使いながら、楽しみ親しんでもらう。 小学校
西洋の音楽と
日本の音楽
西洋と日本の音楽を一緒に鑑賞することで、音楽の特徴や仕組みに気付き、もっと色々な音楽をもっと聞いてみたくなるプログラム。ワークショップでは、動き、セッションすることで、仲間とのつながりを体感する。 小学校
トリオの楽しみ ピアノ、トランペット、サクソフォーンによる様々な音楽を楽しみながら聴いていく中で、鍵盤楽器、金管楽器、木管楽器のそれぞれの特徴や基礎知識を学び、演奏参加への興味を持ってもらう。 小学校
音の美術館 弦楽器の音楽や、弦楽器と打楽器を使用した音楽レクリエーション(音絵など)で楽しんでもらい、目・耳・体全体で音楽を感じてもらう。 小学校
音楽世界の旅 日頃直に聴くことの少ない楽器を取り入れて、いろんな国の作曲家、まつわる曲を聞いてもらう。合わせて、メヌエットを踊る時間を設けて音楽とダンスのつながりを実感してもらい、音楽を幅広くとらえて好きになってもらいたい。 小学校
和の弦、洋の弦 日本の弦楽器とヨーロッパの弦楽器を比較し、演奏方法・音の特徴・楽器のつくりなどについて学んでもらう。また、身近な材料を用いてオリジナルの楽器を作り、その楽器でアーティストとセッションし、表現することの面白さを感じてもらう。 小学校
金管五重奏による
「音楽タイムマシン」
子どもたちになじみのある金管楽器で、バロック期〜現代の音楽を演奏することで、時代による音楽の移り変わりを知ってもらう。また、音の出る仕組み、楽器の特徴を理解し、演奏体験もしてもらうことで、音楽への興味を持ってもらいたい。 小学校
中学校


演劇・ミュージカル

 プログラム名 趣 旨  対象
桂木先生砂漠で踊る
―「実験」
何気ない日常の一瞬一瞬がかけがえの無い時間なのは、大人も子供もみんな一緒。演劇を肌で感じ、楽しんでもらうのは勿論の事、作品を通じて自分達の「今」と「これから」に何か一つでも重ねてもらえるようなものになれば、と思う。 中学校
ブンナよ
木からおりてこい
トノサマガエルの子ブンナが、椎の木のてっぺんで体験した世にも恐ろしく悲しく美しい出来事を通して生きることの意味を考え、命の尊さを知る。子どもたちがこの作品を通して生きるということ、命のつながりを感じてくれることを願っている。 小学校
中学校
「Open the door
〜心をひらいて〜
芝居、歌、ダンスで表現するミュージカル作品を鑑賞し、パントマイムクイズやテーマソングを一緒に唄い踊ることで、コミュニケーションの大切さや表現することの楽しさを感じてもらう。 小学校
朗読と音楽によるミニ・オペラ
「ベロ出しチョンマ」
自分の肌の痛みよりも他人の痛みのほうが、より痛切な自分自身の痛みとして感じられる天性のやさしい心根の長松の生き様を、子どもたちに感じとってもらいたい。 小学校
中学校


ワークショップ

 プログラム名 趣 旨  対象
音楽ワークショップ
全校ドラムサークル 全員が、打楽器(ドラム)を輪(サークル)になって自由に叩きながら、その音によって人間同士のつながりを感じることで、年齢、性別に関係なく、それぞれの個性を尊重しあい、一人ひとりの自立と、学校のコミュニティとしての自立を促す。 小学校
身体は楽器だ!
今日から君もボディタッパー
間近で見る機会がないと思われるタップを、ピアノ・チェロ・ヴィオラとコラボレーションして、生で見・聴き、そして体験してもらう。 小学校
演劇ワークショップ
「声のバトンタッチゲーム」を
楽しもう
普段大きな声を出して自分の気持ちや考えを相手に伝えることの少ない子どもたちの状況から、ゲームを通してからだと声を使って相手に伝えることを楽しみ、伝えることの喜びを感じ取らせる。 小学校
からだをつかって
アートをつくろう
様々な身体表現ゲームを通して、からだを使って相手に伝えることを楽しみ、伝えることの喜びを感じ取らせる。 小学校
美術ワークショップ
絵の見かた
―抽象画を中心に―
絵画の種類や様式を知り、具象画と抽象画の特徴を理解してもらう。また、抽象画の制作を通して、抽象的表現の魅力や特性を学ぶ。 小学校
みんなで描こう
大きな絵
自分たちの学校の良さを再認識し、共同で自由にのびのびと描くことで、個性も発揮でき、また縦割りグループによる制作は連帯感も生まれる。完成した2枚の作品を鑑賞することにより、あらたな発見をする。 小学校
カメラマンになったよ!
〜楽しい写真教室〜
写真に興味・関心を持つとともに、写真撮影を通して、友だちや学校、郷土の良さを知る。 小学校
中学校
先生をモデルに
絵をかこう
人物モチーフの描写方法を学ぶ。線描で大胆に描く技法を理解する。水彩画の基本的技法とデカルコマニー技法について学ぶ。魅力的な色彩の構成について学ぶ。 小学校
大空に絵を描こう
大空はキャンバス
皆でひとつの絵に取り組むことで、お互いの連帯感を深める。自由に描いた絵を、大空をバックに見上げることでみんなの絵と学校の新しい発見をしてもらいたい。 小学校
こねこねわくわく動物園 身近で手軽な紙粘土を使って、みんなが知っているいろいろな動物たちを作って、造形感覚を養うとともに、共同で物を作る楽しさを味わってもらう。 小学校
小さな箱の私の世界 普段集めているものや、拾ったものを箱の中で構成し、表現することで、子どもたちそれぞれの世界を引き出す。またいろいろなものを再利用したり、素材として活かすことで、ものの大切さを考え、アートの表現の幅を拡げる。 小学校


詳しい内容については、かごしまアートネットワークへお問い合せください
 


トップへ

Copyright (C) Kagoshima arts network. All Rights Reserved.